遠州 織物。 繊維産業の歴史|浜松ものづくり産業の歴史|浜松ものづくり企業ナビ|浜松市産業振興課

織物 遠州

この遠州一帯は江戸時代の中期以降、日本でも有数の綿花の生産地でした。

織物 遠州

これら名だたる世界的メーカーは、いずれもこの遠州地方が生んだ工業メーカーであり、その発祥の地です。 個人ブログなので、多少の偏見が入っているので、気に障ることになるが承知していただきたい。 生地は、こ〜んな虫眼鏡で見たりします! おもちゃのようですが本当に使いますよ! 生地に使われている糸や組織を見るのに使います。

3
織物 遠州

しかし、技術的に難しい所は、相変わらず織物廃業の減少は歯止めがきかなかったのである。 そしてその技術、やらまいか精神は、楽器やオートバイ産業へと繋がっていき、現在においても脈々と受け継がれています。 「こんな感じにひっかけてもってくんだよ」と髙田さん。

織物 遠州

また、誇りに思っていただけるはずのこの遠州に住む人たちにさえ、知られることが少ないのです。 シャツの生地もなんだかすてきです!! 松尾さんはここで訪れた方に遠州の機屋さんを紹介し、産地を発信しています。

織物 遠州

チョキチョキ… 織り上がるとこんなかんじ、緯糸がけばけばしています。 評価は、すこぶる良かったし、すぐに販売には繋がらなかったが、可能性は大と感じ、後に 古橋織布さんと弊社は、海外の自販を成功させたのである。

12
織物 遠州

遠州産地は、賃織りの産地なので、直接アパレルとの仕事はすることは、絶対許されないことだった。 購入したお店は、浜松市西区入野町にある園芸店「Rust」。

2
織物 遠州

歴史ある産地で、昔ながらの機械によって丁寧に織られるその豊かな生地を、ありのままに使用したシンプルな衣服。 勿論、織物工場の減少が、ここから急激に始まった。 これは昔ながらの織機と、それを操る職人たちの高い技術・信念によって切り開かれていった道です。

3