目的 語 と は。 [VO感覚] do+名詞(目的語)

と は 語 目的

(私は[私が成功すること]を欲する) e' I want O [John succeed]. したかな、しなかったかなと記憶が曖昧な状態 I always forget to open the window. 能動態でgiveを使った場合はmeとthe penの2つが目的語ですから、 I was given the pen by her. ) このように主語をIにして受動態にすることもできます。

14
と は 語 目的

彼は英語を勉強する, SVO — He showed me the picture. はじめに、例文から見ていきましょう。 「その少年は私がチョコレートをあげたら嬉しそうだった」• amazing(The view=amazingで「S=C」が成立) 3. My father gave me a cute puppy. そして、何を補っているのかというと、主語や目的語が「どんなものか」「どんな状態か」という説明を補っているのです。

9
と は 語 目的

ここでは、目的語を「動詞の目的語」と「前置詞の目的語」に分類して説明する。 大事なことは、補語であるJohnは目的語のmeにかかる、ということ。 なぜかというと、steal(盗む)という動詞は目的語をひとつしかとれない動詞だからです。

4
と は 語 目的

例文を見てみましょう。

16
と は 語 目的

修飾語の基本である「どのような」「どのくらい」を表すもの、という点から考えてみると、「お菓子の詰め合わせ」や「ひとつ」は「いただいた」を詳しくする修飾語です。

12
と は 語 目的

bのchairmanは主格補語として用いられています。

と は 語 目的

例文を見てみましょう。

6
と は 語 目的

(メアリーは去年彼と結婚した。 (彼らはあのお菓子を食べた。 上の例文で足りない部分、つまり文のなかで「どうしても必要になってくる部分」が 目的語です。

3