ハイキュー ぼく と さん。 「ハイキュー!! TO THE TOP」古参ガチ勢?“倫太郎おじさん”に視聴者も「何者!?」「面白すぎる」と興味津々

と さん ぼく ハイキュー

烏養繋心の祖父。 それ故に5本指止まりになっている。

8
と さん ぼく ハイキュー

日向・影山・月島がそれぞれの合宿から戻った日、日向と影山の喧嘩を見て「平和」に感じていた(いつもの烏野バレー部に戻ったことが嬉しい様子)。

13
と さん ぼく ハイキュー

中学時代は強豪校の北川第一中でセッターを務めていたが、勝利へのあまりに強い拘りと向上心が仲間との溝を深めて孤立。 目標は。 自身の指導力量を超えている事に対しては、日向の指導を祖父の烏養(元監督)に依頼したり、月島へはブロックの基本理論を話して「俺はお手本になるほど上手くねぇ…身近で優れているのは音駒の黒尾あたり」と、適切なアドバイスを送るなど真摯なコーチング姿勢でいる。

16
と さん ぼく ハイキュー

2012年11月には、『』・『』などと並び、「ニューパワージェネレーションキャンペーン」の対象に選ばれた。 繋心曰く「合格点を取っても、100点を目指さない」プレースタイルで、インターハイ県予選から春高一次予選を経てもそれは変わらなかったが、夏休みの合同合宿にて、後ろ向きな姿勢を山口からかっこ悪いと一喝されてしまう。

18
と さん ぼく ハイキュー

一方第2セットに突入した烏野高校と稲荷崎高校との戦いは、西谷が宮侑のサーブに狙われレシーブミスを重ねるなど劣勢に立たされていた。 のやっさんはバレーボールが上手かったからバレーボールを続けていると考察する方も多かった中、進んでいた道はまさかのイタリア…! そしてまさかカジキを釣っていたとは、誰も想像がつかなかったでしょう。

と さん ぼく ハイキュー

ハイキューの潔子さんが結婚で衝撃! 潔子サァァァァン?! ネタバレになるからこれだけだが、ジャンプ本誌読んだ人は察してくれ。 レシーブの技術に優れ、後方からチームを鼓舞する「烏野の守護神」。

6