高山 義浩。 外国人コミュニティでのコロナ集団感染を防ぐには(高山義浩)

義浩 高山

「 自分のやりたいことばかり言う医師は、地域医療には向かないよ。 第2部:各 論 :さらに「 エッジ」が効いた論旨が炸裂します! 岩田先生が動画を削除されたのは、高山先生など感染に詳しい方が船に行っていることを知らなかったからでしょうか。 実際、4月と8月にピークを迎えた過去2回の流行も、日本では住民主体の自粛の努力によって、おおむね1か月以内に流行は抑え込まれてきました。

義浩 高山

できれば「定期的に換気」ではなく、「常に少しだけ換気」を心掛けてください。

義浩 高山

もちろん、その分、訪問サービスを充実させる必要があります。

4
義浩 高山

とくに、東京・大阪など人口の多い都市部では流行が続いてしまうことも考えられます。 症状を認めるときは、帰省先の家族や友人と接触することがないようにします。 入居者の協力のもと、どこまで業務をスリム化できるかが勝負です。

4
義浩 高山

このあたり、外国人に限らない問題なのですが、相談先がなくて孤立しているという意味では、とくに外国人労働者は追い込まれていると感じます。

18
義浩 高山

ただ、実のところ、同じ向きに座って食べているだけで、園児は横を向いて話しているので意味をなしません。

19
義浩 高山

日常の自分を客観的に見直す良い手段だと思います。 地域でどんな医師が求められているかに耳を傾けるべきじゃないか」。 入院患者数と同様に、中国政府が公表している38,818人の患者情報をもとに、重症状態にある患者の数を導き出しました。

義浩 高山

ですから、重症者の受け入れは病棟単位で行わなければなりません。 ハイリスク者がいる家庭では、ウイルスを外から持ち込まないように、玄関先にアルコールを置いて帰宅時の手指衛生を徹底してください。 今回はご著書に書いていないようなお話まで聞かせていただくことができました。