きゅうり 栽培。 きゅうり栽培、失敗しない5つのポイント

栽培 きゅうり

黒マルチシート(畝を覆うシート)を利用する場合は、早めに張っておくと地温が上昇し、定植後の初期生育が旺盛になります。 管理が難しそうで、私はやったことないです。

12
栽培 きゅうり

また、株の上部からの水やりを避け、敷きワラを施して、雨や水による泥はねを防止します。 とても丈夫で、1つの株からたくさんのマイクロキュウリがとれるので、 栽培も楽々、収穫の楽しみを存分に味わうことができます。

12
栽培 きゅうり

6日目• 植え付け幅は株間70センチで、家庭菜園の場合は行灯(あんどん)の利用を推奨します。 32日目• 植え付けには、病気に強い接木苗がお勧めです 植え付けは、通常通りで、植穴に水を入れて、水が土に浸透してから苗を植え付けます。

15
栽培 きゅうり

露地栽培の場合は、支柱を補強し、倒れにくくしておきます。 葉の裏にはすす状のカビが生えています。

7
栽培 きゅうり

ただし、園芸用ネットでスクリーン式で育てると弦が複雑に絡まって下すことが困難です。

栽培 きゅうり

また、肥料・水分不足の可能性も。 11節目(高さ60cm)からは、子づるは葉を2枚残してその先の葉を摘み取ります。 追肥と水やり 追肥は、収穫開始以降、10日に一回化成肥料を一株あたり大さじ一杯程度施用します。

13
栽培 きゅうり

キュウリ栽培では、水やりのタイミングや与える水の量が多収穫のポイントです。

14
栽培 きゅうり

キュウリの種をまいて栽培する場合は、温度管理が必要となるため、家庭菜園初心者の場合は、市販の接ぎ木苗を購入して栽培することをおすすめします。

3