比嘉 大吾 井上 尚弥。 井上尚弥が比嘉大吾を圧倒「お互い成長しているが距離は縮まっていない」(木村悠)

井上 比嘉 尚弥 大吾

「いつかは倒す相手として世界前哨戦として戦います」と意気込んでいた比嘉を尚弥は攻守でほんろうする。 同じ距離感でパンチの強さとか質とか、一瞬の速さとかは見えました。

井上 比嘉 尚弥 大吾

選手、関係者、観客全てにPCR検査を実施するなど厳戒態勢で開催された 井上と比嘉のスパーリング 今回のエキシビジョンで最も注目されたのは、メインに行われた井上尚弥と比嘉大吾のスパーリングだ。 その先に見据えるのはバンタム級の4団体統一だ。 無期限のライセンス停止処分を受けたものの、19年10月に処分解除となり、昨年大みそかの再起3戦目でストロング小林佑樹(六島)を5回KOで下してWBOアジアパシフィック・バンタム級王座を獲得した。

2
井上 比嘉 尚弥 大吾

プロレス [2月28日 17:02]• 「自分の距離だけでなく、比嘉選手の距離でもやろうと思った。 井上がスーパーフライ級で活躍していた頃、比嘉とスパーリングで戦ったことがある。

12
井上 比嘉 尚弥 大吾

久々の日本でのイベントでやりがいがあった。 WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は元WBC世界フライ級王者・比嘉大吾(Ambition)と激突したが、英メディアは井上のディフェンス能力にも注目している。 八重樫は高いガードからボディーブローを繰り出す。

8
井上 比嘉 尚弥 大吾

では、もし再びスパーが実現すれば、同じバンタム級では初めての拳合わせとなる11日はどんな展開が予想されるのでしょうか。 「あくまでもスパーリングなので普段は見せない動きだったり、サウスポーに構えたりしたけど、手を抜いたわけではなく、しっかりガチでやらせていただきました」 ノニト・ドネア(フィリピン)と死闘を演じた19年11月のワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級トーナメント決勝以来、1年3カ月ぶりの国内リング。

10
井上 比嘉 尚弥 大吾

プロレス [2月28日 16:37]• お互い成長しているが、距離は縮まっていない。 5位にランクインしていますね! ちょっと驚きました 笑 また、追加の情報ですが 比嘉大吾選手とも親交のある井上尚弥選手は、比嘉大吾選手へバンタム級への階級アップをアドバイスしています。

3
井上 比嘉 尚弥 大吾

ボクシング [2月26日 19:01]• 1分すぎにロープに詰めて比嘉が右ストレートを決めるが、井上が右アッパー3連発で比嘉のあごをはね上げる。 大相撲 [3月1日 6:00]• 井上選手が4団体を統一する日も遠くないでしょう。 チャリティーボクシングイベント「LEGEND」で、3階級王者の井上尚弥と元WBCフライ級王者で連続KO記録を持つ比嘉大吾が対決した。

井上 比嘉 尚弥 大吾

「しかし、最終の3ラウンド目にヘッドギアを外すことを選ぶと、テンポを上げた」「試合が真にヒートアップした時、やや強打見えるパンチの応酬になった」と、エキシビションながら白熱したものであったことを伝えている。 1分半すぎに比嘉が井上をロープにつめて連打をたたきこんだところに、井上が右アッパーから左ボディーを決める。 そして、腕を下げ、ヘッドの動きで着弾を避けるというディフェンス能力を見せつけたのだ」と記載している。

8
井上 比嘉 尚弥 大吾

1分半すぎに坂が内山をロープにつめて右フックをヒット。 3分3ラウンドのエキシビション、グローブは公式戦の8オンスではなく、12オンスとはいえ、そのパフォーマンスが注目された。 大相撲 [3月1日 6:00]• 日刊採点10-9(井上) 2回 開始から速く鋭い左ジャブで井上がペースを握る。

10