ツツジ 特徴。 身近な植物図鑑:ツツジ科の植物

特徴 ツツジ

10号鉢ほどの鉢の大きさになるまでは、一回り大き目の鉢に植え替えていきます。 花後の花がら摘みも大事! タネに養分を取られ、木が弱るのを防ぐ目的で行う「花がら摘み」もツツジの手入れでは大事な作業です。 直射日光を避け、半日陰で管理しましょう。

3
特徴 ツツジ

中国や日本のつつじをヨーロッパで品種改良したもので、日本国内でも新しい品種が作られています。 Rhododendron mayebarae• 日本では長い栽培の歴史を持ち、早くから育種も進んだ。

10
特徴 ツツジ

もうひとつ、やっかいなのは、せっかく咲いた花が茶色に腐ってしまう病気です。 サツキは盆栽のイメージが強く、渓流で岩壁に自生する野生種を品種改良して作られました。 クルメツツジとサツキの交配種で、花びらが二重になっているのが特徴です。

15
特徴 ツツジ

花の観察をする時は、花を丁寧に分解して、顕微鏡やルーペなどで観察するとわかりやすいですよ。

5
特徴 ツツジ

つつじやさつきで、鮮やかな花の彩りをそえて、庭づくりを楽しんでみてください。

特徴 ツツジ

高木の下など強い西日や夏の強光線が避けられるところが最適です。 - 、、、、、• 春に葉が不自然にふくらむもち病が発生します。 葉に勢いよく水をかけるだけでも、ある程度防除できます。

特徴 ツツジ

名前の由来は枝先に、三枚の葉がつくことから付きました。 花言葉は「節制」ということで、こじんまりしたイメージがありますが、サツキツツジの品種は「節制」とはかけ離れているほど多いんですよ! サツキツツジの種類は? サツキの園芸品種は1000種以上、花の色はピンク、紫に近いピンク、まれに白があります。

18
特徴 ツツジ

刈り込みに耐え、萌芽力が強いことから街路樹としてよく使われており、見かける機会が多いツツジです。 開花時期で見分ける方法 つつじの開花時期は4月ごろから5月ごろで、新しい葉が出るまえに花が咲きます。

16
特徴 ツツジ

日照量: ~ 日当たりの良い場所を好みますが、強い西日は避けた方がよいです• ドウダンツツジの育て方1.。