ブラック ペアン 続編。 ブラックペアン最終回結末ネタバレ。猫田との関係と渡海のその後

続編 ブラック ペアン

「医者は患者のことだけ考えろ。

続編 ブラック ペアン

趣味は昼寝(シエスタ)。 渡海 『…そのままでいい。

続編 ブラック ペアン

最初は天城を警戒していたが、次第に天城に傾倒するようになる。 そこで、またドラマと繋がるような そんなシーンもあっていいだろうし、 やっぱり個人的にも 世良がどんな風に変わったのか、 みてみたい。 先に書いたように、魅力的な人物たちが多数登場しているので、それらのの人物たちを主人公にドラマの続編を作る事は十分可能なのですよ。

19
続編 ブラック ペアン

西崎教授の名が浮かんできちゃいますよね。

続編 ブラック ペアン

世良とはサッカー部の同窓で8年先輩の間柄。 患者を選ぶにもを重点に置くの考えを打ち出しており、一見倫理に反する言動から周囲の反感を買うが、理路整然とした物言いで圧倒する。 ですから、「渡海征司郎」の他の人物が主人公であるならばそもそも続編はあるのです。

10
続編 ブラック ペアン

原作は、医師で作家の海堂尊氏の小説「新装版ブラックペアン1988」(講談社文庫)。 1990年の東城大学医学部付属病院を舞台に、一人の天才心臓外科医・天城雪彦の存在が主人公・世良と東城大に波乱を引き起こす。 父が病院をクビになった理由は、当時絶対的権力を握っていた佐伯の指示を無視して飯沼からペアンを取り出そうとしたことが 病院側の反感を買ったため。