勇者 辞め ます。 勇者、辞めます

ます 勇者 辞め

魔王エキドナだ! 魔界の王であり、女王! どれだけ多忙だと思っておる! そんな雑務をやっている暇などありはせんわ!」 「はあああ!?」 「そういう事で勇者……いや、もはやただのレオだな。 これ……これは知っている。

18
ます 勇者 辞め

イラストを担当された天野英さんの力量もあってキャラを立てつつ、異性の同僚、思い寄せられる妹分、年の近い(?)悪友、互いに尊敬しつつ心地よい距離感、など、ライトノベルの文法に乗っかりつつ、長い時間を共有した一体感を読者に提供してくれます。 俺はお前らに会えて、 べちん。 こいつは紛れもなく、勇気をもって道を照らす者。

12
ます 勇者 辞め

俺は目を閉じ、真っ暗な世界の中で安楽に包まれていた。 詰めが甘い。

7
ます 勇者 辞め

その上で言わせていただきますと。 お前、本当に四天王かよ……こういう時くらい、もうちょっとこう、さあ…… ため息をつこうとして思い出す。

18
ます 勇者 辞め

長年の付き合いというのはこういう時に便利だ。 《賢者の石》をくれてやるんだからこれくらいはいいだろうと思っていたが、流石にさっきの戦いではちょっと調子に乗りすぎた気がする。 メルネスは紫色のフードを外し、口元を覆うマスクも外した。

4
ます 勇者 辞め

ほんわか。 さすがに万事が計画通りとはいかなかったが、四天王もエキドナも殺す事なく、人間界を巻き込む事もなく、魔王城の下っ端共を殺すこともなかった。

14
ます 勇者 辞め

思ったより漫画って媒体では一ページに隠された裏の意図を読み切れず、伏線として機能するのだと。

13
ます 勇者 辞め

現在四巻まででていますが、これからどうなっていくのか楽しみです。 彼女はパチパチと瞬きし、小さく頷いた。 むしろ、この程度で済んだのが不思議な程だった。

2