嘉納 治 五郎。 嘉納財閥

五郎 嘉納 治

また、村重有利、などの弟子を選抜し(後にを開く)の やの、香取神道流の椎名市蔵などに入門させた。

五郎 嘉納 治

嘉納治五郎の妻・子孫 嘉納治五郎の妻は、外交官・漢学者である竹添信一郎の娘の須磨子です。 ちなみに、治五郎さんの「ひ孫」に当たられる「行光」さんの娘二人は、現在「柔道」とは無関係な生活を送っておられるとのことです。 治五郎の唱えた理念や講道館柔道の歴史を知れば、柔道への理解がいっそう深まることでしょう。

4
五郎 嘉納 治

後にの旗手となるもここで学び、治五郎に師事した。

19
五郎 嘉納 治

大会で講道館が圧勝すると、警視庁の三島総監が講道館の強さを認め、さらに三島総監は、柔道が自分達の社会にも活かすことのできるスポーツだと語る治五郎の思いにも共感。

13
五郎 嘉納 治

1893年、芦谷スエ子に初めて入門を許し、その後、講習会を重ね、1926年講道館に女子部を置いた。

五郎 嘉納 治

この「嘉納行光」さんは、2019年現在もご存命だそうです。

3
五郎 嘉納 治

現代の感覚で言えば、嘉納治五郎先生の甥だとは信じがたい感じもしてしまいますが・・・。

5
五郎 嘉納 治

しかし、治五郎はあきらめず柔道をさらに深く研究し、日本国内で優秀な柔道家を育成します。 その後、(後の)に進学。

14