マガジン 連載。 週刊少年マガジン

連載 マガジン

(原作:、漫画:) 火曜日 [ ]• 井岡秀次(1964年 - 1965年)• ただし、それらの中には「」「」といった後世に語り継がれる作品も存在している。 ()1996年8月号 - 2002年3月号• 2015年4月から新しい増刊『少年マガジンR』が創刊した。

連載 マガジン

プロジェクトとのメディアミックスでによる「」のコミカライズ版が連載。 (原作:、漫画:)• 現在も使用されている。

連載 マガジン

()2000年12月号 - 2015年5月号• コラボレーション・メディアミックスなど [ ] 当誌におけるの代表作として『』が挙げられ、アニメ・ドラマ化以外にもTVゲームやカードなど幅広いジャンルで活動している。 ()1978年 - 1979年• ありそうでなさそうな小説のタイトルを宮崎が短篇漫画で表現する。 1961年 - 1963年 40円• 2008年 178万部 2008年16号時点での本誌累計発行部数は約45億5000万部である。

16
連載 マガジン

042008年4・5合併号 さいぼおぐぜろぜろないん ほしのやすし いしのもり しょうたろう 2008. (原作:、漫画:)• 創刊号の表紙を飾ったのは。 (漫画:、協力:)• 『』などが挙げられる。 現在連載中の作品では「はじめの一歩」のみ使用し続けている。

連載 マガジン

1960年 30円• 2003年11号の表紙(画による『』のイラスト)は、創刊以来初となる実写映画と人気漫画家の表紙となった (2004年10号の表紙も真島ヒロ画による『』のイラスト)。

連載 マガジン

(Kフェス) - 講談社主催のイベント• 1976年 150円• 212014年21・22合併号 ぷろふぇっしょなる へんしゅうしゃのりゅうぎ おかだ ゆき 2014. ()1979年 - 1980年• 「」「」「」などの新たな主力作品の登場と新体制により勢いを徐々に取り戻し、部数を回復させた。 発行部数(2008年4月以降) 1〜3月 4〜6月 7〜9月 10〜12月 2008年 1,755,000 部 1,720,000 部 1,691,667 部 2009年 1,664,167 部 1,633,334 部 1,614,616 部 1,593,637 部 2010年 1,571,231 部 1,565,000 部 1,556,250 部 1,551,819 部 2011年 1,529,693 部 1,491,500 部 1,489,584 部 1,472,084 部 2012年 1,447,500 部 1,436,017 部 1,412,584 部 1,404,834 部 2013年 1,376,792 部 1,357,000 部 1,324,209 部 1,308,117 部 2014年 1,277,500 部 1,245,417 部 1,211,750 部 1,192,267 部 2015年 1,156,059 部 1,127,042 部 1,107,840 部 1,085,110 部 2016年 1,038,450 部 1,015,659 部 995,017 部 986,017 部 2017年 964,158 部 932,713 部 883,804 部 840,667 部 2018年 815,458 部 791,833 部 760,917 部 744,583 部 2019年 715,417 部 692,083 部 664,625 部 649,167 部 2020年 627,533 部 593,917 部 575,000 部 559,545 部 価格の変遷 [ ] 創刊号以外は20号時点の値段。

3
連載 マガジン

また、「」のように本誌で短期連載を行なったのち『マガジンSPECIAL』で本連載を開始するケースや、「」のように『マガジンSPECIAL』でサイドストーリーを行ってから本誌で本連載を開始するケースがある。 ()1976年• 1970年には、が表紙構成(デザイナー)を務めた号が存在する(前述の1970年23号の表紙デザイナーも横尾)。 誌上で「読み切り」または「短期集中連載」と銘打っていたものを本項で扱う。

4
連載 マガジン

『月刊少年マガジン』ではも同様の方針を取っている。

10
連載 マガジン

(原作:、漫画:)• (原作・構成:、漫画:)• 少年期のが表紙モデルを務めた時期があった。

8