ティラノサウルス 羽毛。 【恐竜羽毛説】ティラノサウルスは羽毛で覆われていたのか否かを追え!

羽毛 ティラノサウルス

こうした数多の研究から、相手が植物食性動物であれ、自らよりも小型の動物食性動物であれ、死骸であれ、ティラノサウルスや他の多くの肉食性獣脚類は、種ごとの細かな割合こそ不明なれど、概ね狩りと死体漁りの両方を行っていたと考えられている。

6
羽毛 ティラノサウルス

ただ大きさに対して筋肉量が少ないため速く走ることはできなかったという見解や、時速39kmまでスピードを出せたとする研究など、実際の動きがどのようなものだったのかはまだ明らかになっていません。 一方でティラノサウルスは中足骨が他の大型肉食恐竜よりずっと長いため、大型恐竜の中では下腿部の比率が大きい恐竜の一つでもあり 、現生するいくつかの捕食動物よりも大きい。 ただし、どこに毛が生えていたかは不明。

9
羽毛 ティラノサウルス

ただし、論文には次のような仮説が提示されている。

5
羽毛 ティラノサウルス

は鉤爪こそ大きいものの、体格は華奢であり、そもそも全長5メートル弱であった。 気温や湿度が高い環境は、体が小さい恐竜にとっては体温に影響を受けやすく、日中温まった熱は夜には下がってきてしまいます。

2
羽毛 ティラノサウルス

実はこれ以前に ティラノサウルスの時と同様に オズボーン自身によってバーナム・ブラウンが発見したティラノサウルスと同一の化石に「ディナモサウルス・インペリオスス」という名前が付けられていたのだが、こちらはオズボーンの論文の順番が偶然後に見つかったティラノサウルスの方が先に書かれていたため有効名とされた。 また前述のようにティラノサウルスの亜成体は非常に敏捷であり、かつ寿命における亜成体の時期がかなり長いため、本種のみが当時の生態系の中〜大型肉食恐竜のニッチを占める、一種の化が起きていた。 視覚も発達していたので、獲物との距離感などをつかむことも得意だったことが分かっています。

16
羽毛 ティラノサウルス

その根拠として、捕食されたと思われるの骨に不自然な噛み傷が多数残されていたからである。

17
羽毛 ティラノサウルス

なお、同研究ではティラノサウルスとタルボサウルスの属差についても言及がある。 参考: (4)毛は黒色だった可能性もある。 斬新な推理が楽しい一冊! カメ専門の古生物学者である作者が、恐竜の絶滅の原因や生態などの謎に新しい視点で切り込んだ一冊です。

5