バットマン ビギンズ。 【本当の「正義」とは何か?】映画「バットマンビギンズ」のネタバレ感想と考察│午前三時の煙草と珈琲

ビギンズ バットマン

ブレイドは、マーベル映画初のヒット作品として知られています。 そんなキャラクターデザインこそが、 本作、基、 バットマンシリーズでの 「暗さ」に直結する要因ともなっていた。

2
ビギンズ バットマン

そこへ手下を伴ったクレインがやって来ます。 翌日、全焼した屋敷をかたずけるブルースとアルフレッドの前にレイチェルが現れます。 このチルという強盗は、ゴッサム・シティのマフィアのボスであるカーマイン・ファルコーニに不利な証言をすることで、保釈の条件が出ていました。

ビギンズ バットマン

ブルースは招待客に被害を及ぼさないよう、わざと暴言を吐き、客たちを罵倒し、屋敷から離れさせます。

9
ビギンズ バットマン

追ってくる警官から逃げる際、警察署から隣のビルに飛び移り、難を逃れますがブルースは効率のよい移動手段の必要性を感じます。

17
ビギンズ バットマン

ジョー・チル:リチャード・ブレイク• ブルースは反論します。 当時日本では「JR福知山線脱線事故」が起きた年でもあったため、電車事故の描写を含むビギンズは日本ではそれほど話題にはなりませんでした。 デュカードも気絶するが、自分の師匠であるデュカードだけは救出し、ブルースは一人故郷のゴッサム・シティへと戻るのであった。

5
ビギンズ バットマン

ファルコーニはクレインに引き続き協力させるため、レイチェルの殺害を計画。 彼女は正義感の強い女性であり、法の力を信じている。

18