土佐 日記 門出。 『土佐日記』「門出・馬のはなむけ」

門出 土佐 日記

某年の十二月の二十日余一日の日の戌のときに門出す。 」の後の省略について考える。 日付が書かれてそれに沿って進む、日記形式をとった小説、といった方が実態に近い。

門出 土佐 日記

彼が後世に与えた影響は非常に大きいといえるでしょう。 著者 神田 龍身 出版日 2009-01-01 本書の最大の特徴は、フィクションとしての貫之の作品ではなく、ノンフィクションな貫之自身の姿に迫ったことです。 」で始まる「門出」。

9
門出 土佐 日記

その後の人生は、官僚としてそれほど大きな役目を与えられることなく、著作や和歌作りに専念していたようです。 それを「女性」の体で「仮名文」で書いたのが『土佐日記』である。

14
門出 土佐 日記

1 神秘的な 2 珍しい 3 不思議な 4 不都合な 5 見苦しい 6 身分が低い 3 「塩海のほとりにてあざれあへり」のユーモアを考える。 「鯘る」と同じですね。 エ 係り助詞で結びは、流れて(消滅して)いる。

6
門出 土佐 日記

瀬戸内海では「藤原純友の乱」が勃発していました。 だから塩分が含まれる「潮海(=塩海)」にも防腐効果がありそうです。

16
門出 土佐 日記

二十二日に、和泉の国まで無事であるように神仏に祈願する。 土佐日記 門出 男である作者が女性に偽装して書いた理由は、細やかな私的な感情をひらがなで書きたかったからである。 しかしそれはあくまでも技法の話であり、内容にまで迫ると実はそのような力強さは失われていないという説もあります。

門出 土佐 日記

場所とその結果との矛盾に面白みを感じているということもできます。 長年仲良くしてきた人々は、別れ難く思って、一日中あれこれして大騒ぎしているうちに夜が更けてしまった。 この年の12月21日、夜8時に出発した。

5
門出 土佐 日記

13.もう一度、意味を確かめながら音読する。 あの人この人、知ってる人知らない人が、見送りをする。 上中下、酔ひ飽きて、いとあやしく、潮海のほとりにて、あざれ合へり。

7