差し支え なけれ ば。 「よろしければ」とは?目上の人や上司に使える敬語?使い方や類語を例文付きで紹介

ば 差し支え なけれ

「差し支えなければ」を用いたビジネスシーンで使える例文 差し支えなければ 「来週の会議について、差し支えなければ事前に概要をお聞きしたいのですがよろしいですか」 「差し支えなければ個人情報をお伺いしてもよろしいですか」 「大沢様に差し支えなければ、先日の講義の様子を広報に載せたいと考えております」 「差し支えなければ、この後少しお時間いただいてもよろしいですか」 差し支えなければご教示ください 「ご教示ください」は「知識や方法などを教えてください」という意味になります。 「差し支えなければで構いません」を使った例文と解釈• 恥ずかしい思いをしないためにも、正しい読み方を覚えて使いましょう。 不便で不快なこと の意• あなたの都合を最優先してくださいね」というニュアンスを伝えているわけですね。

10
ば 差し支え なけれ

『お差し支え』は『お差し支えなければ』というクッション言葉で多く使われます。 強制的に「してください」と言いたい時は、「恐れ入りますが」を使うと良いと覚えておきましょう。 会社によってはこの言葉を敬語として教えているところもありますし、別の企業では使ってはいけないと教えていることもあるようです。

5
ば 差し支え なけれ

折角ですが• 遠慮がちながらも、お願いしたいことをしっかり伝えたい時に便利な表現ですが、言われた相手にはどのように受け止められるものでしょうか? 誤解や勘違いが起こらないように、意味や使い方、言い換えの表現などをマスターしましょう。

ば 差し支え なけれ

例えば、提出してほしい書類の期日を伝える際「差し支えなければ、月末までにご提出していただきたいのですが」だと、相手にとって不都合な場合は断られてしまいます。 「不都合があれば断っても構いませんよ」という相手に選択の余地を与えている、丁寧なお願いの仕方だといえます。

ば 差し支え なけれ

多少の無理を通したい場合には「ご無理を承知でお尋ねするのですが」など、別のクッション言葉を使いましょう。 ですので、「差し支えなければ」は、相手に何かを依頼するだけではなく、 「都合が悪かったら断っても構いません」という相手に選択の余地を与えます。 「お差し支えなければ〜」と使っても問題ありませんが、そういう場合は「お」が重ならないように気をつける必要があります。

17
ば 差し支え なけれ

問題がなければ• 「差し支え」を「さしささえ」と読むのは間違いですので注意しましょう。

ば 差し支え なけれ

ただ単に「できません」と一言で終わらせてしまうのは、無礼で相手への敬意が感じられない物言いとなってしまいます。 付けなくても失礼にはあたらないところは極力省き、接頭語が重ならないようにするとよいでしょう。 妨げるか、または負担となっているどのような障害でも の意• 「お名前もう一度教えてもらえますか?」 これだと非常に冷たくつっけんどんな感じがしますよね。

9
ば 差し支え なけれ

あなたの都合を最優先してくださいね」というニュアンスを伝えているわけですね。 「差し支えなければ」を使うシーンは口頭だけでなく、ビジネスメールでも使えます。 「差し支えない」を正しく理解して、上手く使いこなせるようにしましょう。