僕らは命に嫌われている歌詞。 森内寛樹 命に嫌われている。 歌詞&動画視聴

僕らは命に嫌われている歌詞

それなのに簡単に 「死にたい」だとか「死ね」 といった言葉が行きかう世の中。 僕らは命に嫌われている。

11
僕らは命に嫌われている歌詞

「正しいものは正しくいなさい。 スポンサーリンク 3番 幸福も別れも愛情も友情も 滑稽な夢の戯れで全部カネで買える代物。

10
僕らは命に嫌われている歌詞

君だって僕だっていつかは枯れ葉のように朽ちてく。 お金がないので今日も一日中惰眠を謳歌する。 すべて無駄になるかもしれない。

僕らは命に嫌われている歌詞

寂しいなんて言葉でこの傷が表せていいものか そんな意地ばかり抱え今日も一人ベッドに眠る 少年だった僕たちはいつか青年に変わっていく。 ファンの間では有名ですが、実はこの曲、2000年にリリースされた 『』の10年後のストーリーを描いた楽曲なんです。 「命の軽さ」 「命を軽視していること」 が、この部分では訴えられているのでしょう。

僕らは命に嫌われている歌詞

そんなSFを妄想してる 自分が死んでもどうでもよくて それでも周りに生きて欲しくて 矛盾を抱えて生きてくなんて怒られてしまう。 僕 boku らは raha 命 inochi に ni 嫌 kira われている wareteiru。 」 そんな歌が正 ただ しいなんて馬鹿 ばか げてるよな。

僕らは命に嫌われている歌詞

幸福も別れも愛情も友情も 滑稽な夢の戯れで全部カネで買える代物。 誰かを傷つけても気が付かずに、周りの評判を気にしては世界の平和を叫ぶ。

2