不撓 不屈 意味。 「不撓不屈」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

意味 不撓 不屈

彼はどんな時でも 百折不撓だが、それゆえに頑固すぎるところがある。

19
意味 不撓 不屈

疲れを表す「fatigue」に、接頭辞として否定を表す「in-」と下にあることを表す「de-」が、接尾辞として可能を表す「-able」がついて、疲れた状態から離れることができることという意味となっています。 七転び八起きが四字熟語になったもので七回転んで八回起きること、「不撓不屈」はどんな困難にあってもくじけないことです。

14
意味 不撓 不屈

「百折不撓」の由来については、次のような説も存在します。 ですので「不撓」も「不屈」も「くじけないこと」という意味で、重ねて使うことでより意味を強調しています。

意味 不撓 不屈

「不撓不屈」の意味と語源 まずは「不撓不屈」の意味と語源についてご紹介していきます。 不撓不屈ののは「」の叙伝十下にある、というを評したから。 一方、「堅忍(けんにん)」とは、「意思が強く耐えること・じっと我慢してこらえること」といった意味があります。

6
意味 不撓 不屈

まとめ 「不撓不屈」の意味や使い方と例文、類義語・英語表現などについて紹介しました。 に、、、らがした。 その人物は、専門業者らと共に発掘を始めます。

13
意味 不撓 不屈

どの言葉もたとえ進むのが難しい状況であっても、気持ちをしっかり持ち耐え忍ぶ・先に進むというになります。 他にも 「屈しない」という意味の「unyielding」や「根気強い」という意味の「indefatigable」も同じような使い方ができる言葉です。

16
意味 不撓 不屈

「百折不撓」の類義語 「百折不撓」の類義語はいくつかあり、普段よく耳にする言葉もあります。

11
意味 不撓 不屈

たとえ失敗しても、目的を成し遂げるまでは決してくじけないという強い決意とともに、自らを高め続けるための具体的な行動がともなっていなければなりません。 「不撓不屈」の意味とは? 「不撓不屈」の意味は「くじけないこと」 「不撓不屈」は「ふとうふくつ」と読み、強い意志を持ちいかなる困難や失敗にもくじけないことを指した言葉です。

意味 不撓 不屈

さらばひたむきにただ想え、気高く、強く、一筋に。

5