芦川 いづみ。 芦川いづみ

いづみ 芦川

金門島にかける橋(1962年)• 昨年デビュー65周年を記念して発売された『10作品DVD』には、予約が殺到し、さらに今年3月から6月にかけ東京の『神保町シアター』と大阪の『シネ・ヌーヴォ』で行われた特集上映も連日大入り状態。

2
いづみ 芦川

(1964年)• それが、時間が経つに連れ、ものすごくプレシャス、かけがえのないものになり、さらに、なんともいえない愛しさになっている」と、妻への愛をストレートに表現しています。

いづみ 芦川

愛妻くん(第1回)男らしさ(1966年)• 無鉄砲大将(1961年)• 散弾銃を持った流れ者(二谷)が、町の私設保安官を任されるが…。 (1960年)• 新しく画廊経営に乗り出す父娘と、彼らを取り巻く個性的な面々が繰り広げる恋の鞘当てをスタイリッシュに描く中平康の傑作恋愛コメディ。

いづみ 芦川

、ファッション・ショーに出演中、偶然いあわせたの監督に認められ、川島監督の『東京マダムと大阪夫人』に、の妹役でデビューする。

14
いづみ 芦川

中身は引退後初のロングインタビューが収録されているほか、日活全作品の出演作品スチールも収録。 封建的な気風が残る町を舞台に、生徒や先生、PTAまで巻きこんだラブレター騒動の顛末を描く。 天竜川の大森林地帯にロケを敢行、ダンプガイ二谷英明が散弾銃のガン捌きで暴れまくる痛快娯楽作。

2
いづみ 芦川

夫は藤竜也! そんな芦川さんの、気になるプライベートですが、 芦川さんは、1968年、俳優のさんと結婚されています。 愛と死の記録(1966年)• 春の夜の出来事(1955年)• 出撃(1964年)• 芦川いづみは、女郎屋に売られた娘を健気に演じています。

18
いづみ 芦川

ドラムと恋と夢(1956年)• 「普通、こんなことしないし、言わないだろう…」というシチュエーションが多過ぎる気がした。 奥様が、大阪の船場育ちと東京の下町育ちというお隣り同士。

7
いづみ 芦川

その後、芦川いづみは、石原裕次郎や赤木圭一郎との共演作を重ねながら、日活の看板女優となっていきます。 銀座の沙漠(1958年)• 山陰地方の城下町を舞台に、小児麻痺で床にふす美しい少女(芦川)。 そして、翌年の1953年、ファッションショーに出演されている際、偶然居合わせた、 「松竹」の川島雄三監督にスカウトされ、同年、 「東京マダムと大阪夫人」で、映画デビューを果たされています。

いづみ 芦川

タイトルは地味ですが、これも石坂洋次郎の作品です。 戦後、石坂洋次郎の青春文学が、大いにブームとなりました。 最後の戦斗機(最後の戦闘機)(1956年)• 途中の山村で警察に呼び止められ、強盗殺人事件の犯人だと逮捕される…。

12