恐れ入り ます 意味。 「恐れ入ります」の意味・使い方と例文

ます 意味 恐れ入り

「畏れ」は「畏怖」という熟語からもわかるように、相手の尊さに対してかしこまるという意味合いがある言葉で、「恐れ入ります」を「恐怖」と同義に受け取ると、正しい言葉の意味が理解しづらくなります。

8
ます 意味 恐れ入り

・相手にかける迷惑や手間を申し訳なく思う。

ます 意味 恐れ入り

少しお待ちいただけますでしょうか」 などの使い方ができます。 例えば、上司に対してなにかしてもらいたいとき、「してください」では失礼にあたります。

5
ます 意味 恐れ入り

(「ぐっすり寝入る」「心に染み入る」など) となり、 すっかり敬意のもとにいます= 頭が上がりません という意味になりますね。

ます 意味 恐れ入り

今回は、そんな「恐れ入ります」の正しい意味や使い方について、詳しくご紹介します。

6
ます 意味 恐れ入り

感謝をあらわす言葉にはさまざまな言葉があります。 」や「I would appreciate it〜」のフレーズが使えますよ! 【例文】:I would appreciate it if you could reply as soon as possible. ・恐れ入りますが、折り返しお電話をいただけますでしょうか。 1:「恐れ入りますが、こちらの資料をご確認いただけますか?」 最も一般的な使い方は、「恐れ入りますが」をお願いや依頼する文章の前に用いる表現です。

17
ます 意味 恐れ入り

相手に何らかの労を取っていただく場合には、「お忙しいところ恐れ入りますが」と前置きしてから用件を続けると、相手への気遣いとこちらの謙虚な気持ちを示すことができます。 「身に余るお言葉をいただき、光栄です」など、感謝の言葉を続けるのもおすすめです。

2
ます 意味 恐れ入り

・本日は猛暑のなかお越しいただき、 恐れ入ります。 「恐れ入りますが」の使い方と例文 「恐れ入りますが」は、目上の人やお客様に対してお願いする言葉です。