ウィザーズ 対 ロケッツ。 安全衛生プロトコルによりウィザーズ対ホーネッツの試合が延期に

ロケッツ ウィザーズ 対

金銭面では1対1で釣り合っているが、ウォールは左アキレス腱断裂によって2019-20シーズンを全休するなど、約2年実戦から離れており、復帰する新シーズンで完全復活できるかは不透明。

ロケッツ ウィザーズ 対

それだけに、ロケッツがウォールとは別に、若手選手やドラフト指名権の追加を求めるのは、当然の要求と言えるだろう。 第4Qまでに終わった試合の敗者としてこれまで最多得点をマークしていたのは1990年11月2日のナゲッツ(対ウォリアーズ)の158点。

5
ロケッツ ウィザーズ 対

身体能力を武器にするウェストブルックとウォールのトレード話は今後進展するのか。

8
ロケッツ ウィザーズ 対

なお、この試合で今季8度目のトリプルダブルを達成したウェストブルックは、7回で並んでいた(デンバー・ナゲッツ)と(ダラス・マーベリックス)を抜いてリーグ単独トップの回数へと浮上。 八村もこの試合、自己最多の23得点やしな。

9
ロケッツ ウィザーズ 対

この試合、ロケッツはの6本を筆頭に、が5本、とジェラルド・グリーンがそれぞれ4本、が3本を決めるなどショットが絶好調。 ロケッツのラッセル・ウエストブルック(30)は17得点、10リバウンド、12アシストでトリプルダブルを達成し、ウィザーズのブラドリー・ビール(26)は46得点。 昨年12月31日(同1月1日)のブルズ戦で戦列復帰し、前日のサンズ戦まで7試合連続でスタメン出場している。

1
ロケッツ ウィザーズ 対

が16得点、が11得点11リバウンド2スティール4ブロック、デリック・ジョーンズJr. 身体能力を武器にするウェストブルックとウォールのトレード話は今後進展するのか。

8
ロケッツ ウィザーズ 対

試合は、前半終了時点でウィザーズ72点、ロケッツ69点と激しい点の取り合いとなった。 が11得点9リバウンド2ブロックを残すも、3点リードで迎えた第4クォーターでウィザーズに逆転を許し、連勝は6でストップ。

2
ロケッツ ウィザーズ 対

If you make a request through the NBA Privacy Center, it will apply to data controlled independently by the NBA. 試合全体で55投中26本を沈め、成功率47. 金銭面では1対1で釣り合っているが、ウォールは左アキレス腱断裂によって2019-20シーズンを全休するなど、約2年実戦から離れており、復帰する新シーズンで完全復活できるかは不透明。 その後放たれた4本をミスするも、残り31. ブックメーカーのオッズでも、ロケッツに有利なオッズとなっています。

14