お節介 類語。 「おせっかい」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

類語 お節介

「老婆心」は男性も使う 「老婆心」という言葉は「老婆」という言葉が入っているので女性(特に年配の女性)しか使えないと勘違いしている人が多いですが、 「老婆心」は男性が使用しても問題ありません。

17
類語 お節介

今の世の中を見ていると、この子の将来がとても 心配です。

7
類語 お節介

メールでの使い方 メールで『おせっかい』というフレーズを使う場合は、注意が必要です。 お節介な人の心理をチェックしてみましょう。

類語 お節介

・他人のことに関与しようとする。

6
類語 お節介

他人に必要とされたい お節介な人は承認欲求が強く、他人に必要とされることで自分が価値ある存在だと認めてほしいと思っていることがあります。 「老婆心」は目上から目下の者に対して使う言葉であることを覚えておきましょう。 「老婆心」は相手に何かを忠告する時に使用すると上記で説明しました。

1
類語 お節介

相手の話を親身になって聞き、いろいろなアドバイスをします。

類語 お節介

一見すると「ろうばごころ」と読みたくなりますが、実は正解は 「ろうばしん」です。 「でしゃばったまね」を意味する「差し出がましいまね」という言葉は、立場が上である相手へ行動を起こす際のクッション言葉として多く使われます。 「老婆心」は「 老婆心ながら」という形で、 自分の気持ちをへりくだりながら相手に忠告するときに使います。

13
類語 お節介

目上の相手への「差し出がましい」の使い方 「でしゃばった質問」を意味する「差し出がましい質問」 目上の相手に対してでしゃばった質問をする際、クッション言葉として「差し出がましい質問」という言い回しが使われます。 おばあさんが、心配心から自分の子供や孫に色々口出しをすることがありますよね。 上から目線になってしまうので注意しましょう。

5