論語 と 算盤。 『論語と算盤(渋沢栄一)』が現代に突きつける警告をまとめます

算盤 論語 と

ところが自分の仕事であれば、 この事業を発展させたいと思い、 実際に成長させていく 引用 「現代語訳 論語と算盤」著者:渋沢栄一 訳:守谷淳 P88より抜粋 「自分さえよければいい」という考えは やめましょうってことです。 人生の正しさを学ぶ 人の行動、気持ちの良し悪しを 説いているので、 心を広く持てる、正しい生き方に 導いてくれるものになります。 マーク・トウェインの有名な言葉のひとつに"History doesn't repeat itself but it does rhyme"がありますが、これは「歴史は繰り返すことはない。

算盤 論語 と

人間って結果を見て判断すると思うんですよ。 次の1万円札の肖像画に選ばれたのも、今の時代に必要な考え方であると政府も認識しているからでしょう。 出世している人=人望がある というわけではありません。

算盤 論語 と

実に、金は貴ぶべく、また賤しむべし。 約 500社の企業設立に関わったことで知られています。 渋沢栄一はかけ離れていそうな2つの存在を 「はなはだ遠くて近いもの」とし、 両方とも極めなければならないと考えていました。

14
算盤 論語 と

これが渋沢の考え方なのですが、 現代のあれに似てませんか。 渋沢栄一の「論語と算盤」の要点を3分で分かるよう図解で紹介します。

6
算盤 論語 と

論語には、自分のあり方を正しく整え、人と交わる際の日常の教えが書かれている。 渋沢は、この思想のもと、 実業界に乗り込み日本実業界を発展させました。 幼い頃から、文武両道の教育を受け、両親の商売にも関わることができた一方、当時の武士階級の非生産的な支配体制に疑問を抱くことになります。

13
算盤 論語 と

Stakeholder Capitalismとは、そして渋沢栄一の著書「論語と算盤」から読み取る日本がとるべき動きとはどんなものなのか。 約500もの企業を育て、同時に約600の社会公共事業にも関わったなどの功績から「日本資本主義の父」と称される。 まずは「論語」と「算盤」 それぞれの意味を解説します。